健康

今注目『天然アミノ酸5-ALA』おすすめ人気

「 生命の根源物質 」、天然アミノ酸5-ALA

5-ALAとは、5-アミノレブリン酸 ( ファイブエーエルエー、またはアラとも呼びます ) のことを言います。

 

5-ALAは、地球上のさまざまな生命、たとえば植物や動物などがずっと作り出している 「 アミノ酸 」 の一種です。

 

5-ALAはGABA ( ガンマアミノ酪酸 )やオルニチンと呼ばれる他のアミノ酸に似た形をしていますが、 その起源は非常に古く、約40億年前に存在した地球上に存在する生命すべての共通の祖先までさかのぼることができる可能性があります。

 

長崎大学は2020年10月、大学のHPで「長崎大学による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者に対する5-アミノレブリン酸(5-ALA)を用いた特定臨床研究開始のお知らせ」を発表しました。

 

ニュースでも取り上げられました。

 

まだ、臨床実験の段階で、効果がはっきり保障されているわけではありませんが、日頃の健康維持に役立つアミノ酸です。

 

ぜひとも、5-ALAで、体の中から健康になれるように飲んでみてはいかがでしょうか。

 

人体での5-ALAの役割はただひとつであり、ヘムという物質のもととなることです。

 

8個の5-ALAが合わさって出来上がるヘムはさまざまな生命活動の鍵となります。

 

身近な例では、酸素を全身に行き渡らせる血中の赤い色素 ( ヘモグロビン ) に含まれており、酸素とヘムが周囲の環境に応じ結合したり、離れたりすることで、酸素が肺から体のすみずみにまで届けられることが知られています。

さらに、ヘムは食物と酸素からエネルギーを取り出すという、我々の生命活動の根本を担う「呼吸鎖複合体 」の中心的物質でもあります。

 

5-ALAがなければ私たちはエネルギーを得る事が出来ず、活動すらできません。

 

また、植物の光合成の中心をになう葉緑素は、8個の5-ALAが合わさることで出来上がる、ヘムに瓜二つの物質です。

 

植物は光合成により光と二酸化炭素から酸素と自らの体を生み出します。

 

人を含む動物は、酸素と植物の体を消費して二酸化炭素を吐き出し、その二酸化炭素を使ってまた植物が育ちます。

 

太古の時代より続いていたこの生命のエネルギー循環は、その両輪であるヘムと葉緑素を生み出す5-ALAなしでは決して成り立ちません。

 

5-ALAは、地上の生命を今の姿に形作った源、まさに生命の根源物質と言えるかもしれません。

 

今、他では得られないチャンスかもしれません。二度と巡ってはこないチャンスかもしれません。実際に手に入れて確かめてください。



よく読まれている記事

-健康

© 2022 俺のマネタイズブログ 【雑記】 Powered by AFFINGER5