• ホーム
  • インドのアーユルヴェーダは日本のエステサロンでも人気

インドのアーユルヴェーダは日本のエステサロンでも人気

マスクシートを使用している女性

アーユルヴェーダはインドに伝わる伝統医学で、体に蓄積しやすい毒素を効果的に排出させるケアを行うことで、再び栄養を与える科学的な方法として世界でも最も古い若返り両方として注目されています。

アーユルヴェーダには5000年以上の歴史を持っており、東洋医学をはじめ西洋医学にも大きな影響を与えていたほどです。アーユルヴェーダの特徴の一つが、単に美容効果を得るために行うのではなく自然との調和を唱え、体の健康をはじめ心も共に満ち足りている状態を健康な状態だと考え、普段の生活に取り入れていくことが理想だと考えられているのです。現在この考えは、美容業界でも多く取り入れられており、本場インドでは様々な美容施術にアーユルヴェーダが取り入れられています。しかし本場インドまでに足を運ぶのは難しいと感じる方も多く、最近ではエステサロンでアーユルヴェーダにおける美容施術が受けられるお店が増えてきていることから、多くの女性が利用するようになっているのです。

エステサロンによって受けることが出来る施術は異なりますが、定番とされているのがオイルを利用したシロダーラです。これは第三の目があるといわれている額に、温めたオイルを垂らしていくトリートメントです。身体中に散らばった心を中心に戻していく究極のリラクゼーション効果があるとして、国内でも施術が受けられるエステサロンは増えてきています。その他には体に蓄積した老廃物を排出させていく、デトックス効果の高いアビアンガムの施術です。日本人にも馴染み深いセサミオイルをベースに、ハーブをブレンドしているアーユルヴェーダ専用オイルを使用しており、オールハンドマッサージによって全身をしっかりトリートメントしていくことが出来るので、リラックス効果だけではなく、むくみ改善や痩身効果も高いとして非常に人気があります。

体を芯から温めてくれるトリートメントケアであるバスティは、腰や背骨、胸部や肩、首の部分に温めたアーユルヴェーダオイルをゆっくり流していく施術で、背骨や腰を重点的に温めることによって、女性の冷えを解消して基礎代謝を向上させる効果があり、冷えを解消することができたり、アンチエイジングにも作用するので、総合的な美容ケアを受けたいという方に高く支持されています。このように日本のエステサロンに導入されているアーユルヴェーダの美容施術は幅広く、大手のサロンであれば技術力や知識の高いセラピストの元で施術を受けることが出来るので、より高い効果を期待することが出来ます。