鏡を見ている女性と微笑む女性
顔をクリームを塗られる女性

多くの女性の肌の悩みの一つとして挙げられることが多いのが、顔などに出来てしまうと非常に目立つシミだといわれています。若い頃はシミなどは一切なかったという場合も、年齢を重ねるごとにだんだん細かなシミが目立つようになってしまったという声も多く、肌トラブルが起こってから焦って対処を始める方は多いです。
シミというと紫外線によるダメージが影響しているというイメージしか持っていない方も多いですが、実は様々な原因があるためきちんとシミが出来てしまうメカニズムと、種類別に行うべき対策方法を知るようにしましょう。

シミには様々な種類があり、一般的に紫外線によるダメージを受けることで肌の内部でメラニンが生成され、メラニンが排出されずに肌にとどまってしまうことで色素沈着を起こします。この症状を老人性色素斑や日光性色素斑と呼び、老人性の色素沈着の大半はこれに分類されます。他には30代女性に特に多いとされるホルモンバランスの乱れによって起こる肝斑や、遺伝によって起こると言われているそばかす、傷やニキビなどの炎症が原因で起こる色素沈着などもあります。

それぞれが異なる原因で発生していますが、どれもメラニンが生成されることで色素沈着を起こしているので、基本的に日常的に行うべき対策方法としては紫外線によるダメージを与えないように日焼け止めを塗るようにしましょう。日焼け止めは基本夏の時期しか塗らないという方は多いですが、紫外線量が多くなる夏以外にも1年を通して降り注いでおり、特に春から初夏にかけての時期は特に紫外線量が多くなるといわれているので、基本的に外出する際には1年通してきちんと日焼け対策をするようにしましょう。しっかり対策しようとしてSPF50+++など数値の高いタイプを常用している方は多いですが、数値が多いタイプは長時間屋外で過ごす時などのレジャー時に抑えて、普段使いならSPF20~30++程度でもきちんと紫外線対策は出来ます。

日傘や帽子、サングラスなどを利用してUV対策をしたり、UVカットが行える化粧品を合わせて利用するのも効果的です。また普段の食事でもシミを予防してくれるビタミンCや、ビタミンA、B、Dの他にタンパク質や亜鉛を摂取するようにしましょう。アンチエイジングに効果の高いビタミンCは積極的に摂取することで、シミを予防してくれますし、他の栄養素も皮膚の代謝をアップしてターンオーバーを正常に保ち、メラニン排出を早めてくれる効果が期待できます。