未分類

食生活アドバイザー

ここ数年、ずっと気になっている資格があります。それは「食生活アドバイザー」です。仕事でも、趣味でも幅広く活用できることで人気の資格のようで、育休中の空き時間を活用して通信講座を受けてみることにしました。

 

市販のテキストで自主的に勉強することも考えたのですが、自分だけだと何かと理由をつけて挫折してしまうことも考えられるので(情けない話ではありますが)通信講座という手段を選択しました。

 

費用面でもそんなに負担でないですし、こうやってきちんと腰を据えて学ぶのは学生の頃以来なので気持ちが引き締まる思いがします。

 

食生活アドバイザーは、民間の資格検定試験で、一般社団法人FLAネットワーク協会が行っています。「食べる」を「生活の視点」で考えることが、食生活アドバイザーの仕事と謳っていますが、今後色々な面に活かせそうな気がします。

 

食生活全般について語ることのできる資格と人材が今、社会で求められているとのことですが、自分自身もそう思うことが多いです。食品の安心安全はいつの時代も気になるものですが、特に自分が母となり、よりそれを強く感じるようになりました。

 

食品にまつわる普遍的な知識はもちろん、最新の時事関連のことまで学べるのがこの通信講座のいいところでもあると思います。本は一度買ったら買い換えることなどないですし…。

 

この資格が活かせる仕事としては、食品メーカーや小売店、飲食店、介護の現場などで活かせる場が多いと思いとのこと。

 

もちろん家庭では、賢い消費者として、家族の健康管理に役立つことも大切なポイントです。

-未分類

© 2020 大反響【雑記】衝撃 Powered by AFFINGER5