アフィリエイト

おすすめ!MSR(メインサイトリライター) 人気商品


アフィリエイターとブロガーの間では、いつも話題のMSR(メインサイトリライター)、やはり、リライトツールとして、いいのかな?

悩んでいる人

MSR(メインサイトリライター)について

リライトツールのMSR(メインサイトリライター)ではブログやサイトの記事の悩みの解決の仕方について下記のような特長があります。

 

特長1:文章力が乏しくても稼ぐ記事が書ける
特長2:記事作成の時間が大幅に短縮できる
特長3:文章力(セールスライティング力)が身につけられる

 

上記の特長3点が、よく分かりましたが、実際に、MSRを使ってリライトした記事が「稼げるのか」ということが大切です。

 

ツールの特長のひとつとして、メインサイトのリライトを行う場合、MSRは、特別に優れています。

 

メインサイトリライターは、ネット上にある文字をツールにコピペすることで、リライト出来る文言の色が変わります。また、マウスで文言を選択することで、文言をリライト出来るのが特色です。

無料のリライトツール

「なんだ、無料でも似た機能のツールはあるんじゃないの」と思った方もいるかと思います。

 

確かに、似通った機能のリライトツールとして「リライトブーン」があります。形式的にはまあまあ似ているのですが、変換できる文言数が圧倒的に違います。

 

また、リライトブーンで文字をリライトしようと思ったら、リライト出来る候補が少なすぎるし、文章の前後間で意味が通じない変換が多いので、こちらツールを使った場合、かえって時間が多くかかってしまいます。

 

無料リライトツールはあくまでも、サンプル的なツールであって、実践的ではありません。

 

実際に同じ文章で、ハイライト(リライト候補の抽出)をして比較しますと色が付いている文言がリライト出来るというメリットがあります。

 

圧倒的にリライト出来る候補数が違っており、一つ一つのリライト出来る単語数にも大きな差異があります。

 

メインサイトリライターの場合、収録語数が15万以上です。そして、文章の前後間で意味が通じさせるための文言候補となっています。むしろ、リライト出来ない文言を探す方が難しいほどになっています。

 

更に、この文言は、類義語だったり関連語の変換とは違って「文言の前後間から同意義として活用できるリライトキーワード候補が出るのです」この機能こそがMSRの凄いところなのです。

Googleペナルティの危険性

有料ツールの中には、類義語だったり、関連語に変換できるリライトツールはあるのですが、それでは類似記事としてGoogleペナルティの危険性もあるため、たんなる辞書サイトにあるようなただの類似変換ではそれこそ危険性が高いのです。

 

「文言の前後間から、同意義として活用できるサイトリライトキーワード候補が出る」とはあります。リライトキーワードが多いとGoogleペナルティの危険性がかなり低下できます。

約410万語の類語や同義語・関連語とシソーラス(Weblio)では、類似語として「お越しいただきまして」 「ご出席いただきまして」「ご参集いただきまして」等の表示しますが、 メインサイトリライターでのリライト単語は全く違います。

 

類似語ではないけれども、「やむを得ず」だったり「仕方なしに」、「しぶしぶ」等々、全くの異なった文言でも、ニュアンス的な単語は同じ物で伝える事が出来る文言がたくさん収録されているのです。

 

これこそが、Googleからもペナルティを受ける事が無く、オリジナル記事としてリライト出来る理由になりますね。質の低いリライトツールでは、類似性が高くなり自動ペナルティの対象ともなってしまいます。

 

メインサイトリライターで作成した記事をスパムとしてペナルティをした場合は、オリジナルで書いた記事もペナルティ対象となってしまいます。

 

そのため、MSRの機能を活用すれば、元記事とかけ離れたオリジナル記事となるのでGoogleによるペナルティの危険性はかなり低くなることが分かります。

MSRのサポート体制

MSRとして販売されているツールについて、それぞれアップデートやサポートをしているため、一つ一つのツールがロングヒット化しています。

MSRで言えば、2020年5月15日現在、2,694文言追加されています。

 

2014年に発売されたのですが、毎年、アップデートが手掛けられています。文言数も最初は10万語録程だったんですが、2020年以降には15万の文言数となっているのです。

 

リライトツールを購入する場合は、こういった更新やメンテナンスをしっかりと行なっている販売会社から購入するべきなのです。

 

リライトツール系の販売している多くの会社は、品質が低くても沢山売りたいがため、品質が低いツールを多く販売して、あとはほったらかしで、新しいツールの開発ばかり行っている会社もあります。でも、そういった会社のツールを買ってしまうと、何らかの不具合に対応しきれず、利用・販売停止になったり、ツール自体の利便性がまったく見込めないリスクがあります。

 

なお、サポート充実のMSRだからといって、過度の期待はしてはいけません。

まとめ

それは、MSRだけに言える事だけでなくて、リライトツール全般に言える事なのですが、リライトツールが「稼いでくれて」「語彙力も上がって」「作業も楽々」のメリットだけと過剰な期待をしてはいけません。

 

リライトツールを使って記事をリライトしようと思えば、記事作成が苦手だったり、スピードが遅い人にとっては、かなり記事作成速度は上がりますが、マウスを使い単語変換をするために頭脳を駆使するため、「作業自体はまあまあキツイ」です。

 

それに、稼ぐための作業量をしっかりとしていかなければ、ブログ、アフィリエイトでは当たり前ですが稼ぎも出てきません。リライトツールを持ったからと言って、努力なしの作業によって稼げると錯覚すると、結局のところ、収益にはつながらなくなってしまいます。

 

 MSRのメリット

  • 文章力が乏しくても稼ぐ記事にすることができる
  • SEOを意識した記事作成の時間が大幅に短縮できる
  • セールスライティング力が身につけられ、訴求力が増し、購入するとしあわせになれる商品の記事を作成しやすくなる

 

ちなみに、ブログ記事の作成にある程度なれてくれば、リライトツールは全く必要ないかと言えばそんなことありません。

 

ブログを作成するため、すべての作業が自己完結型かといえば、そうではなく、今、私がリライトツールを使わないのかと言えば、めちゃくちゃ使っています。

私自身、全ての記事をリライトすることはほとんどなくなりましたが、他の記事のちょっとした文章を私の記事に使いたい場合、全く同じでは良くないので、リライトツールにてパパっと違った文章にリライトしたりすることが可能です。

 

また、他にも、サテライト用の記事サイトを作成するために、なるべく早く記事の質はそこそこの文章を作成したい時にも良く使っています。

 

自身の記事を複製した部分をリライトで作ったりなどなど、リライトツールは、やはり使い勝手がいいんですよね。

 

記事作成に不慣れな初心者は、必須アイテムでしょうし、かなり有効性が高いです。ある程度記事作成を行ってきた方の場合、これから色々と使い勝手が見つけられます。

 

今すぐ、MSR(メインサイトリライター)の良さを実感してみましょうよ!

\ しあわせにつながるよ🎶/

よく読まれている記事

-アフィリエイト

© 2022 俺のマネタイズブログ 【雑記】 Powered by AFFINGER5